ごしごし福島(福島県)


http://goshigoshi-fukushima.com/

活動のきっかけについて教えてください。

福島の問題は、誰かが取り組まなくちゃいけない問題と知りつつも、尻ごみしてしまう、僕たちもそうでした。でも、福島で除染活動を続けているEARTH(現EARTHSHIELD)という会社の人たちと出会い、「ここに住む人たちのために、少しでも放射線量を下げたい」というシンプルな想いにふれ、自分たちも少しでもいいから動いていこう、うまくいかないこともあるかもしれないけれど、動き出さないと間違っていることにすら気づけないと思ったことがきっかけです。

震災からこれまで、5年を振り返ってみていかがでしょうか。

「除染したいけれど、手が届いていないところをごしごし、きれいにしていきたい」という目標を掲げて活動を始めたけれど、福島の方々に本当に求められていることを的確に実施するためにはどうすればいいのか試行錯誤を重ねてきました。さまざまな壁にぶつかる中で自問自答を繰り返しながらも、福島の方々との出会いに導かれながら少しずつ前に進んでいます。

寄付金の使い道について教えてください。

ごしごし福島基金が行う以下の活動の費用の一部として大切に使わせていただきます。
・放射線量が気になるご家庭へ、除染後の汚染物を入れて保管するための遮蔽容器等を「ごしごしキット」として配布します。
・自治体などによる除染が終わっても、駐車場や住宅のコンクリートのひび割れ(クラック)に入り込んでいる放射性物質は取り切れていないものもあります。それを取り除くためのフォローアップ除染を行います。


寄付は応援になる。

特集TOPに戻る

トップへ戻る