2014年3月11日、この日に「3.11」というキーワードで
検索された方おひとりにつき10円を、
Yahoo!検索から公益財団法人東日本大震災復興支援財団の「一般寄附金」に
寄付するというキャンペーンを行いました。

多くの方々に賛同をいただき、3月11日に「3.11」と検索された方は、
合計2,568,325人(ユニークブラウザ数)となりました。
これに伴いまして、Yahoo!検索から公益財団法人東日本大震災復興支援財団へ、
25,683,250円の寄付を行うことといたしました。

みなさまのご賛同と東北への応援、ありがとうございました!

Yahoo!検索は、これからもみなさまの想いと一緒に
東北を応援してまいります。

寄付金額について

当初設定していた検索者数50万人という上限は、普段のさまざまな検索動向から算出し、相当に高いチャレンジとして目標にしておりました。しかし、予想をはるかに超える方々に賛同をいただき、実際に検索していただきました。また、検索だけでなく、動画やビジュアライザの視聴、ソーシャルメディアなどで、測定できないほど多くの方に、共感や応援をいただけたと考えています。

Yahoo!検索では、みなさま一人ひとりからいただいた応援の気持ちをしっかりと形にし、東北の復興支援につなげていくために、上限額を変更し、実際に検索された2,568,325人分の金額である25,683,250円を、公益財団法人東日本大震災復興支援財団に寄付することといたしました。

なお、寄付の実行(2014年4月予定)後に、Yahoo!検索スタッフブログにて、改めて寄付のご報告をさせていただく予定です。

公益財団法人東日本大震災復興支援財団
東日本大震災で被災した東北の子供たちが、学び、遊び、夢を描ける環境をつくるために、行政や教育機関、NPOなどと協力しながら支援活動を行っている財団です。
>公式Facebookページ

Yahoo!検索と一緒に、
検索で東北を応援する応援団のみなさんからの
メッセージをお届けします。

  • 「3.11」の文字が書かれた検索窓
    伊勢谷友介

    災害を忘れない。

    なぜ、忘れてはならないのだろう?
    震災により、未だ苦しむ人の為、今を生きる人々の絆の為、未来を生きる子孫の経験の為。
    過去も現在も未来も、責任を持ち、つないでいけるのは、今を生きる私たちです。
    忘れないだけではなく、現在を生きる仲間として、今出来ることを繋げていきたいと思います!

    伊勢谷友介

    www.rebirth-project.jp

    伊勢谷友介

  • 「3.11」の文字が書かれた検索窓
    佐々木俊尚

    いちばん大切なのは大きい声をあげたり、誰かの責任を問うことじゃなく、小さなささやき声とともに、長い期間にわたってずっと支援の気持ちを持ち続けることだと思う。そういうふうにこれからも私は被災地を支援していきたいと思います。

    佐々木俊尚

    www.pressa.jp

    佐々木俊尚

  • 「3.11」の文字が書かれた検索窓
    さとなお

    ボクは阪神淡路大震災で被災し、その直後のつらさをいろいろ体験した。でも、復興の過程で身に染みて感じたのは「忘れ去られるのはもっとつらい」ということ。あれから19年以上経つけど、いまでもリアルにそれを思い出す。東北復興もきっと同じだ。ちょっとしたことでいい。連絡しよう。顔だそう。忘れてないよ、と、伝えよう。

    さとなお

    www.satonao.com

    さとうなおゆき

  • 「3.11」の文字が書かれた検索窓
    安田菜津紀

    「忘れられるのが恐い」そんな言葉を何度も、東北で耳にしてきた。
    だからこそ「忘れるはずないよ」を、何度でも皆で伝えていきたい。
    声さえあげることができない悲しみがあることを、
    そして豊かな自然に育まれた宝物がたくさん、この場所にあるということも。

    安田菜津紀

    www.yasudanatsuki.com

    安田菜津紀

  • 「3.11」の文字が書かれた検索窓
    箭内道彦

    「もう三年」と言う人もいます。「まだ三年」と言う人もいます。「あれから何年」という報道が好きではないと、神戸で出会った人が話してくれたのを思い出します。現状は様々です。括ることや区切ることはできないです。もう大丈夫ですと前を向きたい人もいれば、今がいちばんつらいと言う人もいる。傷は「時間が経てば癒える」だけのものでは決してありません。苦悩と疲労は蓄積し、新たな問題も出てきています。立場や考えの異なる相手を否定するのでなく、互いがその違いを尊重し合えるような、そんな風にならなければと思います。東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈りします。そして今を生きる福島の、東北の方々の笑顔と力が生まれる場所を、たくさんのみなさんと一緒に作っていけたらと、今日も思います。

    箭内道彦

    www.yanaimichihiko.jp

    箭内道彦

寄付について
・2014年3月11日0時00分から23時59分までに、「3.11」というキーワードで行われた検索が対象。この時間帯以外に行われた検索については寄付額算出に含まれておりません。
・「3月11日」「3,11」など、表記が異なるキーワードについては、原則として寄付額算出の対象となりません。
・検索者数はユニークブラウザー数で集計しています。
・寄付の実行は2014年4月を予定しております。