検索は、チカラになる。

2020年支援先の
活動レポート

2020年の「Search for 3.11」プロジェクトで
寄付を行った6団体から
活動の報告をしていただきました。

特定非営利活動法人 しんせい

活動内容:原発事故で避難する障がい者等に誇りある仕事をつくる活動
特定非営利活動法人 しんせい

寄付金を何に使いましたか

みなさまからご支援頂きましたご寄附は、福祉農園の加工所を建てる資金として使わせて頂きました。加工所では地域の農家が出荷出来ない規格外野菜を使い、ピクルスや漬物、ドレッシングをつくります。この加工所が出来たことで、「障がい者の誇りある仕事」と地域の農家さんと仕事を通じた「地縁」が生まれました。(加工所の完成は2021年2月の予定です)

今後の活動や目標を教えてください

これまで双葉郡から避難する障がい者の「孤立」が、なかなか乗り越えられない課題でした。地域のみなさんとの「ご縁」を大切に育みながら、福祉農園で働く障がい者も地域に必要とされる存在に成長していくことが目標です。

検索してくれた皆さんへお礼のメッセージをお願いします

いつか故郷に帰って、昔のように農業の仕事をすることが夢でした。故郷に帰ることは出来ないけれど、農業の仕事に就けて本当に嬉しいです。ありがとうございます。
双葉町より避難 堀川忠

この団体を支援する(Yahoo!ネット募金)

福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校

活動内容:未曽有の災害があった福島から
新しい価値を創る人を育てる
福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校

寄付金を何に使いましたか

感染症の影響による臨時休業時に、直ちに教室数分の授業配信環境を整備でき、全教科でオンライン授業を実施できました。また、図書郵送貸出の郵送料などにも活用し、コロナ禍における生徒の学びを支えることができました。学校再開後も感染症対策と学習を両立させるために活用させていただいています。
また、夏以降はインターハイ全国大会の代替大会も含めた、部活動での遠征費の補助にも活用させていただいています。

今後の活動や目標を教えてください

原発事故に直面した地域で「解のない課題を解決する変革者を育成する」という本校の目標は、コロナ禍によってさらに重要性を増したと感じます。感染症対策に留意しつつ、本校の特色である地域復興の実践に取り組む学習をさらに推し進め、福島のみならずwithコロナ時代の世界に貢献する人材の育成に取り組んでいきます。

検索してくれた皆さんへお礼のメッセージをお願いします

原子力災害で困難を抱えた生徒達に襲いかかったコロナ禍でも前に進み続けられたのは、皆様のご支援のお陰です。御礼申し上げます。
10年経っても依然福島の状況は厳しく、引き続きの応援をいただけますと幸いです。

この団体を支援する(Yahoo!ネット募金)

NPO法人 底上げ

活動内容:宮城県気仙沼市を中心とした復興人材の育成
NPO法人 底上げ

寄付金を何に使いましたか

「復興には、地元の若者のちからが必要不可欠だ」という考えのもと、気仙沼市で人材育成プロジェクトを実施しています。具体的には、高校生が地元の資源を活用し地域活性を行うマイプロジェクト・高校生が新しい価値観に触れる機会を作るキャリアセミナーなどを実施しています。今回の寄付金は実施にかかる人件費の一部、広報活動をはじめ、各種ツール印刷代などに使わせていただきました。

今後の活動や目標を教えてください

政府が定める「復興・創生期間」は間も無く終了します。今後は、当団体が震災直後より実施してきた活動への効果測定を実施し、より継続的に活動ができるよう働きかけていく次第です。そのために、実務のみならず、振り返りの場を設定し今後の活動に役立てていきたいと考えています。

検索してくれた皆さんへお礼のメッセージをお願いします

検索を通じ、多くの方がいまだに東北へ思いを馳せていると実感しました。このエネルギーを引き続き現場で還元していきます。この度はありがとうございました!

この団体を支援する(Yahoo!ネット募金)

公益社団法人 3.11みらいサポート

活動内容:石巻での伝承施設の運営と、東北3県の担い手連携サポート
公益社団法人 3.11みらいサポート

寄付金を何に使いましたか

〔1〕新型コロナ流行下での伝承活動に対する緊急助成事業、〔2〕震災伝承交流施設「MEET門脇(2021年3月オープン)」新設の費用として活用させていただきました。
東北3県11団体に対して実施した助成事業は、コロナ禍でもWEB発信や動画制作等の新たな挑戦を促進する力になりました。また、「3.11でつながろう、未来のために動き出そう」をコンセプトに、震災伝承の新しいつながりを生み出す拠点の設置に踏み出すことができました。

今後の活動や目標を教えてください

3.11を知らない世代が増え、10年以降こそ“伝承”が切実な課題となってきます。
「MEET門脇」には子ども達に向けた防災コーナーや映像シアターを設け、東北の伝承活動を支える基金では次世代の育成を目的に掲げ、災害から命が失われない社会の実現を目指します。

検索してくれた皆さんへお礼のメッセージをお願いします

皆さまの「自分にできることを」というお気持ち、検索のアクションが、私たちの挑戦を後押ししてくれました。心から感謝申し上げます。一歩動き出すことが、災害時に命を守り、社会を変える力につながると感じます。

この団体を支援する(外部リンク)

特定非営利活動法人 心の架け橋いわて

活動内容:岩手県大槌町におけるメンタルヘルス支援と被災3県支援団体連携
特定非営利活動法人 心の架け橋いわて

寄付金を何に使いましたか

岩手県大槌町・釜石市にて実施しております、からだと認知機能の低下予防のための軽運動を取り入れたサロンやオンラインメンタルヘルス研修会の実施にかかる費用に加え、新型コロナウイルスの感染拡大による対面での活動の大幅な縮小を受け、利用者の方と支援者とが直接オンラインでつながる仕組みづくり(高齢者の方へのICT機器の使い方支援など)と、それらの活動にかかる企画運営などの事務局運営費に使わせて頂きました。

今後の活動や目標を教えてください

災害弱者である高齢者、こどもなどのメンタルヘルスに関する問題が埋もれることなく適切な支援につながるコミュニティづくりを目標に、啓発活動と広報活動を引き続き行っていきます。また、外出が困難になっても支援が受けられる、ICTを用いた支援の仕組み作りにも力を入れたいと考えています。

検索してくれた皆さんへお礼のメッセージをお願いします

皆さまからの検索を通じた想いに応えられるよう、また、大槌町・釜石市の皆さまのお役に立てるようこれからも活動してまいりたいと思います。検索してくださった皆さまありがとうございました。

この団体を支援する(Yahoo!ネット募金)

特定非営利活動法人 桜ライン311

活動内容:東日本大震災の教訓を後世に伝えるための桜の植樹
特定非営利活動法人 桜ライン311

寄付金を何に使いましたか

植樹に関わる一連の事業費として使わせていただきました。具体的には桜の植樹に関わる用地交渉、桜の苗木や植樹時に使用する土・支柱・防虫剤など資材の購入、植樹した苗木の管理に使用する薬剤や肥料など資材の購入。またそれに従事するスタッフの人件費として使用させていただいております。

今後の活動や目標を教えてください

来年の3月で丸10年となりますが、当団体の事業はまだまだ道半ばです。当団体の目標とする17,000本の植樹に向けて、日本全国の共感いただいている皆さま、そして地域の皆さまの三者で確りと事業継続していきたいと思っています。

検索してくれた皆さんへお礼のメッセージをお願いします

当団体の主な予算は寄附となっており今回の寄付がまさに私たちの原動力です。また本当に多くの方に検索をいただいたことは、時間が経過し風化が叫ばれる中でとても心強く思っています。本当にありがとうございます。

この団体を支援する(Yahoo!ネット募金)
3.11企画
SNSシェア
LINE
Twitter
Facebook
先頭へ戻る
SNSシェア
LINE
Twitter
Facebook
先頭へ戻る